サービス内容

【訪問介護/介護保険】

訪問介護とは?

訪問介護とは、介護保険制度を利用して、ヘルパーによって提供される入浴、排泄、食事等の介護、そのほかの日常生活を送るうえで必要となるサービスです。訪問介護には、「身体介護」と「生活援助」、またはそれらを複合したサービスがあります。

サービス内容

身体介護

身体介護とは、食事、排泄、入浴、着替え、歩行など、介助が必要な方のご自宅に訪問しお手伝いをする介護サービスのひとつです。

生活援助

生活援助とは、ヘルパーがご利用者様に代わって買い物、調理、掃除、洗濯など、日常生活に必要な家事を代行する訪問介護サービスのひとつです。

対象の方

訪問介護を利用できるのは、「要介護」と認定された人です。

利用料金

準備中

【予防訪問介護/介護保険】

予防訪問介護とは?

予防訪問介護とは、介護保険制度を利用して、介護予防を目的として、ヘルパーによって期間を限定して提供される、入浴、排泄、食事などの介護、そのほかの日常生活を送るうえで必要となる支援などをいいます。

サービス内容

ご本人ができることはなるべく行っていただき、ご本人がお持ちの能力を活かしながら、ヘルパーはご本人が行うことが難しいところを共に行う形や代わりに行う形で支援します。

対象の方

予防訪問介護を利用できるのは、「要支援」と認定された人です。

利用料金

準備中

【障害福祉サービス/障害者総合支援法】

障害福祉サービスとは?

障害福祉サービスとは、障害の種類(身体障害・知的障害・精神障害等)にかかわらず、障害者(児)が自立した日常生活・社会生活を営むことができるよう、お手伝いをする介護サービスのひとつです。

弊社では現在、「居宅介護」及び「重度訪問介護」のサービスを提供しております。

サービス内容

居宅介護

居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言、その他の生活全般にわたる援助を行います。
障害のある方の地域での生活を支えるために基本となるサービスで、利用者本人のために使われるサービスです。
居宅介護には、「身体介護」と「家事援助」、それらを複合したサービス、また、通院等介助があります。

重度訪問介護

重度の肢体不自由者又は重度の知的障害・精神障害により行動上著しい困難を有する人で、常に介護を必要とする方に、入浴、排せつ、食事の介護、家事援助、コミュニケーション支援、外出時の移動介護などを総合的に行います。
居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言、このサービスでは、生活全般について介護サービスを手厚く提供することで、常に介護が必要な重い障害がある方でも、在宅での生活が続けられるように支援します。

対象の方

ご利用にあたっては、利用者が利用したいサービスを選び、市区町村に相談、障害福祉サービス支給の申請をします。市区町村は聴き取り調査等を行い、障害支援区分を判定します。判定結果に基づいてサービス支給の必要性があると認めた場合に、サービス支給決定を行います。
利用者は、支給決定を受け、受給者証が交付されたらサービス提供事業者・施設と直接、契約を結び、サービスを受けることになります。

利用料金

18歳以上の場合は利用者とその配偶者の所得、18歳未満の場合は児童を監護する保護者の属する世帯(住民基本台帳上の世帯)の所得に応じた自己負担の上限月額があります。
ただし、上限月額よりもサービスに係る費用の1割の金額の方が低い場合には、その金額を支払います。

【保険適用外サービス】

保険適用外サービスサービスとは?

保険適用外なので、介護度や障害支援区分の有無にかかわらず、どなたでもご利用いただけます。
介護保険サービスや障害福祉サービスと組み合わせて、時間的に足りない部分を補ったり、内容的に制度内では認められない部分を補う必要がある場合に主に使用可能です。 また制度とは関係なく、ご家族の方(日頃は介護保険サービスや障害福祉サービスの対象でない方)の用事に対応したりすることも可能です。

利用料金

生活援助 1時間 2500円 以降30分毎 1250円
身体介護 1時間 3800円 以降30分毎 1900円
その他 1時間 2500円 以降30分毎 1250円

【喀痰吸引等】

喀痰吸引等とは

当事業所では、喀痰吸引・経管栄養等の行為が必要な利用者様にも対応できるよう、事業所として東京都へ登録済みです。
※特定の利用者様に対する実地研修を修了すれば、その対象者様への喀痰吸引等を行うことが可能になります。
対応してくれる事業所が少なくてお困りの場合は、是非一度お問い合わせいただければと思います。

ページの先頭へ